Laboratory for Particle Properties (Phi-lab)
[English | Japanese]

素粒子物性研究室(Φ研)
名古屋大学 理学研究科 物理学教室 素粒子宇宙物理学専攻

超精密測定で探る Beyond Standard


素粒子物性研究室(Φ研)は、精密測定を通じた素粒子物理学の実験的研究を行う研究室です。

素粒子物理学は原子よりも小さな空間スケールでの法則を扱うことが多いため、 私たちが日常的に経験するエネルギー領域をはるかに超えた高エネルギー現象を扱うことになります。 しかし研究対象が高いエネルギー領域にあるからと言って、実験に用いる系のエネルギーが高いとは限りません。 高エネルギー現象が低エネルギー過程に現れる微小な効果を測定することで、素粒子物理学を研究することができます。

現在Φ研では、低エネルギー中性子を用いた研究を行っています。

中性子は電荷を持たないので、通常の実験環境では支配的な電気的相互作用の影響を抑制することができ、 微弱な相互作用の影響を精密に観測するのに適しています。 またその波動性を利用して低速中性子の運動を光学的に制御することができます。 私たちは大強度中性子源と先進中性子デバイスを組み合わせ、素粒子物理学の推進を目指しています。

詳しくは研究テーマをご覧ください。

ニュース