Laboratory for Particle Properties (Phi-lab)
[English | Japanese]

研究テーマ

超精密測定で探る Beyond Standard

Φ研では、低エネルギー過程の精密測定を通じて高エネルギー領域の素粒子反応に迫る実験を進めています。
現在の主な研究テーマは低エネルギー中性子を用いた実験ですが、装置開発や他研究室との共同研究も行っています。

  1. 中性子寿命測定
    中性子のβ崩壊の電子を検出することで、中性子寿命の高精度測定を目指しています。
  1. cry-EDM測定
    結晶内電場を利用したEDM測定で時間反転対称性・CP対称性の破れを検証しています。
  1. 時間反転対称性・CP対称性の破れ
    中性子EDM・複合核共鳴吸収反応を用いて時間反転対称性・CP対称性の破れを検証しています。
  1. 短距離重力
    中性子散乱・干渉計を用いて短距離重力を検証しています。
  1. MTV(Mott Polarimetry for T-Violation experiment)
    8Li原子核のβ崩壊電子のスピン測定によって、CP対称性の破れを検証しています。 立教大学/村田研究室との共同研究です。
  1. 中性子・反中性子振動探索実験
    バリオン数を破る過程を含む新物理を探索する国際コラボレーション実験の計画です。
  1. 小型中性子源の開発と応用
    小型の加速器を用いた中性子源の開発と応用・普及を進めています。 名古屋大学理工連携放射線科学研究推進として 名古屋大学内に小型加速器中性子源NUANSを建設しています。
  1. 各種中性子デバイスの開発
    中性子輸送光学デバイスや中性子偏極素子、中性子検出器の開発など、 それぞれの実験・利用のために最適な中性子制御デバイスの開発研究を行っています。